アンティークビーズ・ヴィンテージビーズ&ビーズキット・チェコビーズ・アクセサリーの「ジュリアン」

ビーズ レシピ

  Lesson1 めがね留めをマスターしよう
  Lesson2 シャワー台のフタはどう留めるの?
  Lesson3 基本ですね、ピンをきれいに丸めよう
  Lesson4 モールを使って端まで気配り
  Lesson5 ボールチップの端をきっちりと留めるには?
Lesson6 グリフィン糸の端の処理と結び方

グリフィン糸の端の処理と結び方


グリフィン糸の最初と最後、どう処理をしたらきれいになるの?という疑問を解決。
U字カンを使う事で、糸がむき出しにならず、作品のグレードがアップしますよ。
また、糸の補強もされて擦り切れ防止にも。
グリフィン糸は、台紙から糸を全て外し、まず始めにU字カンで端の処理をします。

1.針につぶし玉→U字カン→再びつぶし玉へ
戻します。
この時、このパーツは針のついている反対側の
糸の端まで移動をさせ、端は2~3cm残しておき
ます。

2.つぶし玉をペンチで平らにつぶします。
型結び(1)をし、ほどけないようにボンドで固めておきます。
針のついている方の糸にビーズを通し、の型結び(2)、 間隔を開け、次の固結び(3)をする

3.型結び(2)(3)
固結びで 結び目を作りながらビーズを留めて
いきます。
ビーズの穴が大きい場合は2回転させて結び目
を大きくしたり、留めにシードビーズを使ったりしてもまた違う雰囲気が楽しめます。

4.結び目をきっちりビーズの端に寄せるには、結び目に目打ちを入れ、ビーズのギリギリまで輪を移動させます。
もう片方の手で糸を下に引っ張り、結び目を小さく
します。

全部通し終わったら、反対側も1と同じようにU字カンで処理をします。

 


グリフィン糸のご購入はこちら

U字カンのご購入はこちら

つぶし玉のご購入はこちら

Category
Mobile

スマホでもお買い物
サマーセール