アンティークビーズ・ヴィンテージビーズ&ビーズキット・チェコビーズ・アクセサリーの「ジュリアン」

サフィレット

サフィレットはチェコのヤブロネッツで作られたのが始まりといわれており、9世紀
中頃から、近年は1960年頃まで生産されていました。
ある一族によりその製法は門外不出とされ、唯一製法を知る一族が絶えてしまった
ためになぞに包まれたままだという説があります。
その製法を解明しようと様々な人が試みましたが、やはり同じような色合いを出す
事が出来ずに製造ができないガラスとなってしまいました。
そのミステリアスさと希少さに人々が惹かれるのでしょう。


サフィレットガラスはサフィリーングラスとも呼ばれています。
アンティークアクセサリーやアンティークの調度品等に使われているのを見かけ
ますがルースとして残っているのは数が少なく大変貴重な物になりました。
サフィレットグラスの一番の特徴はその美しい「色」でしょう。
光によりブルーや赤茶等に輝き、とても深い色合いを放ちます。
サファイア色のガラスをベースに、金などを調合してあの色合いを出していると
言われていますが、均一な色合いを出す事がかなり難しかったようです。
同一の型の中にも様々な色合いがあり、青・赤・紫・黄色・黄緑と調合の具合に
より色の出かたが1つずつ違いますが、それも手作りならではの魅力の一つ。
現在では生産されていない過去の貴重な財産であり、欧米でも大変人気が高い
コレクターズアイテムです。


↓デザイン参考「サフィレット作品サンプル集」
https://www.e-julian.co.jp/feature/saphiret.html

サフィレット カテゴリーリスト

Category
Mobile

スマホでもお買い物
Line@/Shop
  • 各店舗のお得情報配信!
    友達登録でクーポンGET
営業カレンダー