button-ex

ボタンの加工サンプル

人気急上昇のボタンを使ったアクセサリー。
ビーズにはないデザイン性や軽さが魅力のボタンは、使い方をマスターすれば欠かせないアイテムに!
気になるけど、どうやって使うの?の疑問にお答えします。
ピアスサンプルでご紹介しますが、アイデア次第で色々な使い方ができますので、チャレンジしてみてくださいね。
Aタイプ:細い足付&はめ込み
<手順>
1.ニッパーで足の根元からカット
2.やすりをかけてバリを取る(やすりをかけられない形状の物もあり)
3.ボンドで貼り付け用のイヤリング・ピアスパーツに接着 (くぼみのある物は、ボンドで埋める)
Bタイプ:太い足付&はめ込み
<手順>
1.丸カン2個を穴に取り付ける(穴が小さい物は向きません 約1.8mm以上)
2.上側の丸カンに、カン付きイヤリング・ピアスパーツを取り付ける
3.下側の丸カンにパーツを下げる。
下側にパーツを下げる事でバランスがとれてボタンが立ち上がります。
Cタイプ:裏穴
<手順>
1.穴に9ピンを通してピン曲げ
2.上の輪にカン付きイヤリングパーツを取り付ける
3.下の輪にお好みでパーツを下げてもOK
※ピアスの場合、もとからある9ピンの輪に、先にピアスパーツをつなげてからボタンの穴に通し、ピン曲げをするとやりやすいです。